【レビュー】ナンジャモンジャ*変な生き物に名前をつけよう!

どんなゲーム?

1セット60枚で、変な生き物が12種類、5枚ずつ入っている。

これを1枚ずつめくり、まだ出ていない生き物だったら、めくった人がその生き物に名前をつける。

もしすでに名前がつけられている生き物だったら、最も早くその名前を言った人が、それまでにめくられたカードをすべて獲得する。

ほとんど同時だった場合は、めくったカードはそのままにして次に進む。

山札がなくなったらゲーム終了。最もたくさん取った人が勝利する。

上級ルール①

めくったカードが、他の人の取ったカード山の一番上のカードと同じ生き物だったら、その生き物の名前ではなく、「ナンジャモンジャ」と言う。

自分がプレイする時は、このルールは導入していない。

上級ルール②

名前を間違えたら、獲得したカードの内1枚を、めくった山札に加える。

こっちのルールはいつも入れて遊んでいる。

シロとミドリ

2023年1月現在、ナンジャモンジャは『シロ』と『ミドリ』が出ており、それぞれ異なる生き物が12種類ずつ、計60枚入っている。

それぞれ単体でも遊べるし、チョイスして遊ぶことも、すべて混ぜて遊ぶこともできる。

感想

鉄板のパーティーゲーム。

初回ももちろん面白いが、このゲームの面白さは連続して行う2回目以降にある。

ついさっきまで呼ばれていた名前は無しになり、まったく別の名前になることで混乱を引き起こす。

名前をつけるのが苦手な人もいるだろうが、「木村」でも「佐々木」でもなんでもいい。

自分も「ピンクと黄緑の丸」とか「頭の上に何かが浮いている」とか、見たままの名前をつけることも多い。

安いし小さいし、1つ持っておくと重宝するゲーム。

スポンサーリンク