【レビュー】4人の容疑者~湯けむりに消えた謎 

概要

いち早く犯人を当てるカードゲーム。

4人の登場人物が、3時、6時、9時、12時それぞれの時間にどこにいたか、計16枚のカードがあり、1枚を伏せて全員に配る。

各プレイヤーは順番に、他のプレイヤーに持っているカードの情報を質問し、伏せられた1枚をいち早く特定するゲーム。

ルール

登場人物は、岩井、江崎、上原、赤木の4人で、時間は3時、6時、9時、12時の4パターン

それぞれの時間に、誰がどこにいたか、アイコンで示されている。

その一覧がこちら。こんな感じのメモ用紙が配られ、ここに秘密裏に情報を書き記していく。

質問は2枚オープンになっている質問カードの内の1枚を使う。

時間、場所、人数の内のいずれかと、数字が書かれており、例えば人物の2なら、誰かに「岩井さんと赤木さんを合計何枚持っていますか?」などと聞くことができる。

もし2枚以上あれば、その内の1枚を質問者に見せなくてはならない。

つまり、質問の幅が広いと特定はしづらいが、相手が複数枚持っていて、見せてもらえる可能性が高くなる。

質問された人は1コインもらえ、コインの枚数によって特殊カードを使うことができる。

いち早く犯人を見つけたプレイヤーの勝利。もし間違えると脱落する。

感想

面白い。

どうやってメモを取るかと、何を質問すれば特定できるかを考え続ける。

例えば、3人プレイで初期手札に赤木さんが3枚あり、他のプレイヤーに赤木さんを持っているかを尋ねる。

2人とも持っていなければ、自分の持っていない赤木さんが犯人である。

面白いけど、難しい。テーマや絵柄と合わせて、向き不向きは強く出そうだ。

スポンサーリンク