【レビュー】箱庭キングス*資源を集めて国の繁栄を!

箱庭キングス

概要

ターン開始のボーナスやカードの効果で資源を集め、資源を使って建物を建てる。

その建物の効果でカードを出しやすくしたり、相手からの攻撃を防いだりして、資源を15個集めるか、建物を3つ完成させたら勝利する。

ルール

各プレイヤー、4枚の建造物カードを持ち、0~5の建造物カードに重ねて置く。最初は0。

行動カードはドラフト方式で、初期手札が6枚になるように持つ。

春夏秋冬の描かれた季節ボードがあり、これがターンごとに進んでいく。

毎ターン、以下の4つのフェイズを繰り返す。

季節フェイズ:季節を進め、季節ボードの処理を行う。例えば、春ならカードが引ける。

建造フェイズ:建造ポイントが2以上の建造物は、自動的に+1される。また、資源1つで任意の建造物の建造ポイントを増やすことができる。

行動フェイズ:各プレイヤー、カードをプレイしたり、プレイせずに資源を獲得したりする。

終了フェイズ:この時点で資源が15個あるか、建造物が3つ以上完成していたら勝利。

感想

ルールを読み、カードの効果を見た時点で、「これ終わるのか?」と思った通り、かなりの長期戦になります。

まず、直接相手の資源や建造ポイントを減らすことのできるカードが多いです。

また、冬の効果も、好きなプレイヤーを選んで資源や建造ポイントを減らすことができます。

狂戦士の効果も、自分も含めて全員の建造ポイントを減らすというもので、相手を勝たせない効果はありますが、自分にもメリットがなく、単にゲームの進行が長くなるだけです。

直接攻撃が好きで、もどかしい展開のゲームが好きな人は、プレイしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク