【レビュー】金曜日のビアパーティー!*限界までビールを飲もう!

金曜日のビアパーティー

概要

月曜日から金曜日の5ラウンドの間にビールカードを集めて、カードに書かれたGP(元気ポイント)が最も多いプレイヤーが勝利する。

月曜日から木曜日は好きなだけカードをめくり、曜日ごとに設定された限界アルコール量に達したらバーストしてカードを獲得できない。

金曜日は上限枚数(プレイ人数によって異なる)までカードをめくることができるが、全員一斉に公開し、最もたくさん飲んだプレイヤーはゲームから脱落する。

ルール

ゲームは5ラウンド、月曜日~金曜日まで行われる。

月曜日~木曜日は限界アルコール量が決められており、それぞれ4、4、6、2になっている。

金曜日はプレイ人数によってめくれるカードの枚数上限が決められている。例えば4人プレイなら8枚までめくることができる。

カードはビールカードフードカードがあり、ビールカードにはアルコールレベルとGPが設定されている。

フードカードは、同じようにGPが設定されているが、アルコールレベルは0になっている。酔わずに元気になれる。

ビールカードフードカードをシャッフルして山札にしたら、スタートプレイヤーから順に、ストップするまでカードをめくり続ける。

月曜日~木曜日はカードを表向きに置いていき、各曜日に設定されたアルコール量を超えたらバーストしたら、めくったカードはすべて捨て札になる。

各曜日、最もアルコール量が多いプレイヤーが曜日カードを獲得できる。曜日カードにもGPが設定されている。

金曜日になると、これまでのバーストカードがリセットされ、さらに金曜日の限定ビールが追加される。

金曜日は裏向きにめくり、全員の中で最もアルコール量が多いプレイヤーはゲームから脱落する

最終的に、最もGPが多いプレイヤーが勝利する。

感想

典型的なバーストゲームだが、テーマが良いのと、金曜日だけ処理が違うのが面白い。

金曜日、他のプレイヤーがたくさんカードを引いたから、アルコール量が多いだろうと思ったらフードカードばかりだったということもあるし、月曜日~木曜日でだいぶバーストしたら、勝つためには金曜日も限界まで飲むしかないとか、色々なケースが考えられる。

何にしろ、フレーバーが命という面はあるので、ビールが好きな仲間とワイワイ遊びたい。

スポンサーリンク