【レビュー】ナンジャモンジャ・マクドナルドバージョン

ナンジャモンジャ

どんなゲーム

変な生き物8種類、各4枚の計32枚で遊ぶカードゲーム。

山札のカードをめくって、それが初めて出てきたキャラクターなら、めくった人が新しく名前を付ける。

実際にゲームした際、上の写真の生き物は「たこ焼き」とか「エリマキトカゲ」などの名前が付いた。

もしめくったカードがすでに登場したキャラクターだったら、その名前を叫ぶ。

最初に名前を言えた人が、それまでめくったカードをもらえる。ほとんど同時で判別できない場合は、そのまま残して次のカードをめくる。

山札がなくなったらゲーム終了。獲得した枚数が最も多いプレイヤーが勝利する。

感想

元々『ナンジャモンジャ』というゲームがあり、それをマクドナルドがハッピーセットにつけたゲームで、元々の『ナンジャモンジャ』は12種類が5枚ずつ、計60枚のカードゲームになっている。

8種類だと「結構覚えれる」という印象。

2回、3回と繰り返す内に、今はどの名前だったか混乱するのがこのゲームの醍醐味。抜群に面白いので、是非一日に何度もプレイして欲しい。

スポンサーリンク