【レビュー】リトルマイメイド*メイドさんを育てよう!

リトルマイメイド

概要

6年かけて自分のメイドさんを育てる、シンプルなワーカープレイスメント。

ワーカーは一人2つで固定。1ラウンド2ワーカー、6ラウンドで計12アクション行う。

ラウンドごとに増えるお仕事カードをこなして、メイドさんの好感度を上げる。

最終的にメイドさんの好感度が最も高かったプレイヤーが勝利する。

ルール

準備

各プレイヤー、自分のメイドを選んだら、コマを2つと個人のメイドボードを受け取り、ボード上のマークのある位置にスキルのキューブを置く。一人、1ポンドと1好感度を受け取る。

ゲームボードには初級のお仕事カードをランダムに3枚並べる。また、ボードの両横に、メイドギルドカードと工事現場カードを置く。

また、各プレイヤーに1枚ずつ、メイドの夢カードを配る。

これは上級のお仕事カードと対応しており、もしゲーム中に対応するお仕事を達成できたらオープンして、好感度ボーナスを得る。

スタートプレイヤーを決め、4人プレイの時は3番手、4番手のプレイヤーが、3人プレイの時は2番手、3番手のプレイヤーが追加で1ポンド受け取る。

なお、スタートプレイヤーは順番ではなく、プレイ中に工事現場カードをプレイすると入れ替わる。

ラウンドについて

各ラウンド、最初にボード上にお仕事カードを置く。2ラウンド目は初級のお仕事カードを、3~6ラウンド目は上級のお仕事カードを置く。

手番開始時に、1ポンド支払ってお仕事カードを入れ替えることができる。(複数回可能)

これにより、相手の邪魔をしたり、自分の持つ夢のお仕事を引くことができる。

その後、自分のメイドコマを以下の4つのいずれかに置く。

1.メイドギルド:お金を支払ってスキルを上昇させる。支払ったお金は工事現場カードに置かれる。

2.お仕事カード:初級のお仕事カードはスキルに対応するお金が得られる。上級のお仕事カードは、お金と好感度が得られる。もしそれが夢のお仕事だった場合、カードを公開して一度だけ追加で1好感度得られる。

3.工事現場カード:1ポンドと、工事現場カードの上のお金をもらえる。工事現場カードは何人でも置くことができるが、最初の一人のみ、スタートプレイヤーマーカーを受け取る。

4.自分のメイドボード:いずれかのスキルを1つ上昇させる。

メイドボード上の各スキルが5に達すると、好感度が1得られる。

全プレイヤーがコマを置いたらラウンドが終了する。

2、4、6ラウンド目の終了時、自分のメイドに給料を支払う。この時、必要な給料を支払った分だけ好感度を上げることができる。(3ポンド必要な場合、6ポンド支払うと2上がる)

ゲームの終了

最終的にメイドの好感度が一番高いプレイヤーが勝利する。同点ならスキルの合計値、それも同じなら所持金の多いプレイヤーが勝利する。

ルールブックに6種類のエンディングのテキストと、封筒の中にイラストカードが入っている。単に勝敗を競うだけでなく、自分なりのエンディングを楽しむことができる。

感想

極めてシンプルなワーカープレイスメント。メインボードはアグリコラっぽいが、仕事をチェンジできるのが特徴的。

スキルの上げ方で大体持っている夢の仕事がわかるので(気付かれないようにするのも大事)、いかに相手の邪魔をするかも大事になってくる。むしろ、相手の邪魔をするゲームとさえ感じる。

絵柄は好みの問題はあるが、少し古い印象。拡張同梱の再販をする際に、今風の絵柄に変える手もあったのではとは思う。

シンプルな分、深みはあまりないので、ワーカープレイスメント初心者の人と遊んだり、フレーバーを楽しむゲームかな。

スポンサーリンク