【レビュー】ロジタク*お手軽・簡単・卓球ゲーム!

ロジタク

概要

箱が6マス×6マスの卓球台になっており、両者7枚のカードを交互に出し合って、カードが出せなくなったら(球を打ち返せなくなったら)負けという、極めてシンプルな二人用の卓球ゲーム。

携帯性にも優れ、プレイ時間も短いため、どこでも簡単に遊ぶことができる。下の写真は電車の中でやっているが、第2版ではこの写真よりもさらに箱が小さくなって、より携帯性が高まった。

このレビューでは第1版、第2版を両方紹介する。

コンポーネント(第1版)

コンポーネントは、卓球台となる箱と、球になる円形のコマが1つ、強さと方向の書かれたノーマルカードと、スペシャルカードが3枚という構成。(写真ではコマを白から黄色に変更している)

なお、ノーマルカードは、真っ直ぐは1~5が1枚ずつ、斜め左と斜め右は1~3が1枚ずつと、4が2枚。計15枚。

ルール(第1版)

一人7枚ずつ配り、手札を1枚ずつ交換したら、スタートプレイヤーからゲームを開始する。

最初は一番手前のいずれかのマスに球を置き、プレイしたカードに書かれた数字の数だけ、矢印の方向に球を進める。

相手が打ち返せなくなるか、同じ数字のカードを3枚連続で出したら勝利。

プレイ

一人7枚ずつ配り、1枚ずつ交換した。

ロビング(真っ直ぐの4)で球を相手の陣内へ。

相手はカット(真っ直ぐの3)で返してきた。

これを交互に続け、相手が出せなくなって勝利した。(下の写真は相手側から撮影)

コンポーネント(第2版)

第2版では箱が小さくなった。

ノーマルカードの構成は変わっていないが、技の名前が一部変更されている。

第1版ではノーマルカードだった「カット」と「チキータ」がスペシャルカードになり、スペシャルカードが全部で5枚になった。

ルール(第2版)

シングルス

スペシャルカードが5枚になったことで、まずは今回のゲームで利用する3枚をランダムに決める。(残りの2枚は表向きで除く)

後は第1版と同様にプレイする。

ダブルス

第2版ではダブルスのルールが加わっている。

1~4のカードを使って、プレイ順とチームを決める。1と3、2と4がペアになり、1の人から順にプレイする。

すべてのカードを混ぜたら、各チーム3枚ずつ、共有札として表向きに置く。

その後、一人3枚配ったら、チーム内でカードを確認し合う。以降、カードは確認できない。(余った2枚は裏向きで除外)

基本ルールはシングルスと同じで、手番順に自分のカードもしくは共有札をプレイする。

手札も共有札も出せなくなったら負ける。また、ペアも含めて3連続で同じ数字のカードを出せたら勝利する。

感想

自分自身が初めてのゲームマーケットで、しかも事前に公式サイトで色々なゲームをチェックした上で、真っ先に買いに行った思い出のゲーム。

実際に面白かった上、まだこんなにもシンプルなルールで、こんなにも面白いゲームが作れるのかと感動した。

もちろん、運の要素はある。時にはサーブ失敗ということもあるし、ラリーが続いた結果、カードがなくなって先手が負けるということもある。

それがまた面白い。

第2版は第1版を完全に包括しているので、今購入するなら第2版がオススメ。

今でも電車旅では重宝しているゲームの一つ。

スポンサーリンク