【レビュー】ひつじとどろぼう*ふわふわひつじを集めよう!

ひつじとどろぼう

レビュー

4×4マスの個人シートに、ドラフトで取ったカードを並べていく。

カードには道やひつじ、犬や泥棒が描かれていて、シートに描かれた街まで道を繋げたり、ひつじを集めたり、時には人のひつじを奪ったりして得点を稼ぐ。

3ラウンド行い、ひつじ、道、川の得点を足して勝敗を競う。

ルール

個人シートを受け取ったら、左上の最初のカードと、指定のスペースに泥棒のタイルを置く。

カードを一人5枚配ったら、ドラフト(1枚選んで残りを隣の人に回す)を行う。

順番にカードを配置し、全員残り1枚になったら、一人カードを4枚配って、ドラフトを行う。

これを3ラウンド繰り返し、一人12枚のカードを配置したらゲーム終了。

配置する際、川は繋がっていなくてはならない。泥棒タイルのあるスペースには置けない。

ひつじの絵:ひつじの数だけひつじコマを置く。

犬の絵:犬の数だけひつじコマを動かす(同じカード上のひつじはまとめて動かせる)。

泥棒の絵:泥棒タイルを動かす。全員共通。もしひつじを捕まえたら、自分の柵に移す。

最終得点は、ひつじ×1点、街まで道が繋がっていたら街の点数、川が繋がっていたら×2点。

感想

とても面白い。ひつじコマがふわふわしていて可愛い。

泥棒タイルが全員共通で動くアイデアが面白く、単にひつじを奪うだけでなく、街を繋げる邪魔にも使えるなど、戦略性が高い。

アートワークも可愛いし、ルールもシンプルだし、ボードゲーム初心者にも楽しめるし、ボードゲーム初めてという人を引き込むのにもいいかもしれない。

唯一残念なのは、個人シートがペラペラなこと。これがしっかりした厚紙だったら、本当に素晴らしいゲームだった。それだけが惜しい。

スポンサーリンク