【レビュー】ラットトラップ*罠を潜り抜けてチーズを集めよう!

ラットトラップ

概要

ネズミになってチーズを集める、ダイスとカードを使ったゲーム。

振ったダイスの他の人に渡し、その人からアクションをするというのが特徴的だ。

ルール

プレイ人数と同じ数だけある山札には、1つか2つのチーズの描かれたカードと、クローバーのカード、そして罠のカードが入っている。

いずれの山にも、少なくとも1枚は罠が入るようにしてシャッフルする。

もしチーズかクローバーを引いたら、裏向きにして自分の前に置く。罠を引いたらダメージを受ける。クローバーで罠と後述の猫のダメージを回避できる。

ダイスは、山札からカードを引くか、他の人からカードを奪うか、猫を送り込んでダメージを与えるか、ダメージを回復するかの模様が描かれている。

これを2つ転がして、2つとも別のプレイヤーに渡す。渡されたプレイヤーはその内の1つを選んで処理し、残った方を振ったプレイヤーが処理する。

ラウンドは一人のプレイヤーが3ダメージ受けるか、2つの山札が空になったら終了する。チーズの個数は都度清算する。

3ラウンドやって、チーズが最も多いか、その前に7つ集めたプレイヤーが勝利する。

感想

手軽にできる良ゲーム。ダイスを2つ振って、自分は残った方を処理するというのが、考えどころが深い。

ただ、一番の醍醐味である山札からカードを引くダイス目が、意外と出ない。罠が出るかのドキドキ感が微妙に少ない。

選択ルールとして、色々な能力を持つ役割カードが利用できるが、大して難しくないので、最初から入れることを推奨します!

スポンサーリンク