【レビュー】しゃべルーム*お題に沿ったトークで駆け引き!

2021年6月8日

しゃべルーム

概要

トークを楽しむパーティーゲーム。

お題のカードに一番合うものを、3枚の回答のカードから選ぶ。ただ選ぶだけでは盛り上がらないので、タイトルの通り、そのお題に対して話に花を咲かせるのが、このゲームの楽しいポイントだろう。

ルール

お題のカードと、その下のA、B、Cそれぞれに回答のカードを並べる。

上の写真の場合、お題のカードが青色なので、回答のカードも青色の部分から選ぶ。写真の場合、A「住職」、B「探検家」、C「弁護士」になる。

各プレイヤーはA、B、Cのカードを持っていて、まず一番違いそうなものを裏向きにする。その後、みんなでトークをして、さらに違いそうなものを裏向きにし、全員で残った1枚(一番お題に合いそうだと思ったもの)を公開する。

一番多かった人たちの勝ち。全員同じだと引き分け。最終的な勝敗は特になく、トークを楽しむ。

感想

お題の優劣が結構あって、やる前から全員「これだよね……」という空気になるケースも多い。そういうものは、やらずにお題を変えてしまうのも手かもしれない。

写真のケースでも、住職、探検家、弁護士の中で、一番見た目で職業がわかりやすいのはどれかと言われたら、9割以上が同じ答えになるだろう。

どれかふわっとした時はなかなか面白い。特に、誰か一人は違う答えをしなくては勝てないので、敢えて別の選択肢に誘導したりするのが、このゲームの醍醐味ではなかろうか。

コンポーネントはカードだけの小箱だし、たくさんの人とワチャワチャ遊ぶ機会が多い人は、一つ持っていると楽しいゲームだと思います。

スポンサーリンク