【レビュー】パッチワーク*ボードにタイルを敷き詰めよう!

2021年8月15日

パッチワーク

概要

2人用の対戦ゲーム。個人ボードにタイルを並べて、ボタンを集める。

両プレイヤー、9×9マスのボードを持ち、グルッと円形に並べられたタイルを取って、ボードに配置する。

タイルを取るごとに、そこに描かれた砂時計の数だけ時間ボード上のコマが進んでいく。

両者とも時間ボードの最後に達するとゲーム終了。集めたボタンの数から、埋められなかったマスの分だけ減点して勝敗を競う。

ゲームの準備

以下が準備の完了した写真。

両者、9×9マスのキルトボードを取り、時間ボードを中央に配置する。

時間ボード上の最初のマスに、スタートプレイヤーが上になるようにコマを置く。

パッチタイルをグルッと並べ、一番小さいタイルの隣にポーンを置く。

一人ボタンを5つ持ってゲームスタート。

時間ボード

ボード中央においた時間ボード上を、両プレイヤーのコマが進んでいき、両方のコマが最後まで到達したらゲームが終了する。

手番は常に、コマが後ろにあるプレイヤーが行う。同じマスにある場合は、上のプレイヤーが行う。

パッチタイル(後述)には砂時計のイラストが描かれており、取ったタイルに描かれた砂時計の数字の分だけコマが進む。

途中、ボタンのイラストを通り過ぎるとボタンの決算が行われ、キルトボード上のボタンの数だけ、ストックからボタンを受け取る。

途中、5ヶ所に1マスのスペシャルパッチが置かれている。これは先に通り過ぎたプレイヤーが受け取り、すぐにキルトボードに配置する。

パッチタイル

パッチタイルはグルッと円になるように並べた後、一番小さいタイルの隣にポーンを置く。プレイヤーは自分の手番で、ポーンから3つ先のタイルまで選択できる。

パッチタイルには、以下の3つの要素がある。

ボタンのイラスト:ボタンの決算の際に、この個数分だけボタンがもらえる。

ボタンの数字:タイルを取るのに必要なボタンの数。

砂時計の数字:タイルを取った時に時間ボードを進める数。

ルール

手番では、ポーンの3つ先までのタイルの内のいずれか1つを選び、書かれたボタン数をストックに戻してタイルを取る。取ったタイルはすぐにキルトボードに配置する。

もし十分なボタンが無い場合、もしくは取りなくなければ、自分のコマを相手のコマの前まで進めることができる。その数分だけボタンを受け取る。

先に自分のボードが7×7マス、隙間なく埋められたら、特別タイルを受け取る。これはボード上に配置するものではなく、得点計算で7点になる。

両方のコマが時間ボードの終わりまで到達したらゲーム終了。

持っているボタン数と、特別タイルの7点を加え、埋められなかったマスの数×2点を減点する。

得点の多い人が勝利する。同点の場合は、先に時間ボードで終わりまで到達した方が勝利する。

プレイ

最初の手番、黄色プレイヤーは持っている5ボタンすべて使って十字のタイルを取って配置した。

砂時計が4なので、時間ボードを4つ進める。1つ出来た隙間は、時間ボード上のスペシャルパッチを狙う。

緑のプレイヤーは、ボタンを消費しない十字架の形のタイルを取った。

砂時計を3つ進めて、まだ黄色より後ろなので連続手番になる。

手番で赤色のタイルを取って、砂時計の数だけコマを進める。

ボタンを通り過ぎたので決算が発生するが、ボード上にボタンのマークが1つしかないので、1ボタンしか受け取れない。

ゲームを進めると、最初のスペシャルパッチは緑プレイヤーが獲得した。

一番最初に出来た隙間を埋めるように置く。

終盤、緑プレイヤーが7×7マスを達成する。

連続手番だが、ポーンの先にある3つのタイルがいずれも配置できない。本当はその先にある5マスの直線タイルが欲しかったが、パスをせざるを得ない。

そして、黄色プレイヤーはすでにゲームを終えているため、ここでゲーム終了となる。

最終得点は、黄色プレイヤーは20ボタンを所有するも、18マスも埋められなかっため、20-18×2=-16点

緑プレイヤーは31ボタンに特別タイルの7ボタンを加えるも、13マスも埋められなかったため、31+7-13×2=12点

最後に5マスの直線タイルが取れていたら、減点を10点軽減できたので、22点になっていた。勝ちはしたが、ひどい戦いだった。

感想

とても好きなゲームで、今でも2人でゲームをする時にはよく広げる。

可愛い見た目とライトなプレイ感に反して、実は運要素もなければ、情報はすべて公開されているガチガチのアブストラクトゲーム

定石というほどでもないが、ボタンのイラストのタイルを集めるのは大事と思われる。

ただ、上の「プレイ」の黄色のように、ボタンがついていても小さいタイルばかり集めると、大量にマスを残すことになる。

ボタンを取るか、面積を取るか、砂時計の小さいタイルを取るか。悩ましくも面白い名ゲーム。初心者にもオススメです!

スポンサーリンク