【レビュー】レムレース*古城最奥の敵をやっつけよう!

2022年5月11日

レムレース

概要

1~2人用の協力ゲーム。

4階層の古城を登り、現れる敵をスキルを使い、時には精霊の力を借りながら倒して、最奥を目指す。

最奥の敵を倒すとゲームクリア。勝利した状態によってエンディングが4つに分かれている。

途中でいずれかのプレイヤーのライフが0になったら敗北する。

ゲームの準備

ダンジョンカードは一階、二階、三階、四階それぞれ山にして、一階のカードを20枚の内、ランダムに10枚にして「月光浴カード」の上に置く。(10枚めくると「月光浴カード」が出てくる)

プレイヤーボードは、1人プレイと2人プレイで面が異なり、それぞれライフとソウルを指定の初期値に置き、カルマディスク(上限を表す黒のディスク)をその隣に置く。

各キャラクター、初期スキルカードをシャッフルして山にする。

初期スキルカード

キャラクターによって内容が異なるが、キャラクターの一人であるミルミアの場合は以下のような内容。

ゲーム中は、これに獲得した強化スキルカードが加わり、自分のデッキが強くなっていく。

また、「瞑想」することでデッキを圧縮できる。(カードをゲームから取り除ける。7枚未満にはできない)

ゲームの進行

インタールードとして、以下の3つの内のいずれかを行う。

食事:ジェムを1つ使って、ライフを3回復する。

強化:ジェムを3つ使って、強化スキルカードから3枚めくって、いずれかのカードを獲得する。(獲得しなくてもよい)

探索:ダンジョンカードを1枚めくって、ゲームボードに置く。

探索した場合、その後、エンカウントに続く。

これを続けていくと、やがて一番下に置いた「月光浴カード」が出てくる。この時、次の階層へ進むか、その階層にとどまるかを選択できる。(BOSSをすべて倒していない場合、次の階層には進めない)

その階層にとどまる場合、プレイヤーの最大ライフを1つ減らす

こうしてやがて四階に辿り着き、最後の敵を倒すとゲームクリアとなる。

ダンジョンカードとエンカウント

ダンジョンカードには、「イベント」「精霊」「敵」の3種類がある。

「敵」の中には、「ELITE」「BOSS」と書かれたものがある。

それぞれ探索によりエンカウントしたら、以下の処理を行う。

イベント

カードの効果を処理して、その後、カードを捨て札にする。

「月光浴カード」の場合は、前述の通り、その階層にとどまるか、次の階層に進むかを決める。

精霊

ジェムを支払って仲間にするか、ゲームから除外してジェムを2つ獲得するか、捨て札にする。

なお、2人プレイの場合、獲得した精霊は共有する

戦闘になる。まず、逃走するかどうかを選択できる。逃走する場合、ライフを減らした後、敵カードは捨て札になる。(それがBOSSであれば、いつかは倒さないと次の階層に勧めない)

戦う場合、デッキからカードを2枚引く。ソウルを1つ使うか、縦向きの精霊カードを横向きにすることで、カードを追加で引くことができる。(何度でも)

その後、手札を1枚ずつ、戦闘が終了しない限り、全部使う。

プレイエリアのカードをすべて捨て札にした後、敵のターンに移る。

主なスキル・敵の行動

主な攻撃方法には、物理攻撃魔法攻撃があり、それぞれ防御魔法防御で軽減できる。

敵の中には、防御を持っている敵もいる。(上の写真の一番右など)

多くの敵が「物理攻撃(LP)」という攻撃をしてくるが、これは現在のライフだけの攻撃力になる。(つまり、ライフが減ると攻撃力が落ちるという、リアルな設定)

感想

初回、2人プレイ、調子よく進んでいたが、三階の最初の敵の初手で一撃死した。

1人でもやってみたが、BOSSが2体いる場になって、一階でやられてしまった。(ルール上、BOSSの枚数は変化する)

難易度はかなり高め。運要素も多分にあるが、デッキをどう構築していくかが大事になる。

ボードゲームを1人で遊ぶことが多い人にはオススメ。なかなかクリアできないこともリプレイ性に繋がるが、クリアしたら満足しそうな感じはある。

スポンサーリンク