【レビュー】八人の魔術師*魔術師とモンスターで相手を圧倒せよ!

2022年5月12日

八人の魔術師

概要

2人用のカードゲーム。

同じ内容の20枚のデッキから10枚引いて、その内の5枚で勝負する。2ラウンド目、3ラウンド目も同様にし、4ラウンド目は残った5枚のカードで勝負する。

各ラウンド、持っている4つの魔石の1つを賭け、勝利するとその魔石を得点化できる。もし相手に完勝すると、相手の賭けた魔石も自分のものとして得点化できる。

4ラウンド終了後、得点の高いプレイヤーが勝利する。

戦闘カードについて

戦闘カードは裏面が青のカードが20枚、赤のカードが20枚あり、それぞれ同じ内容になっている。

各プレイヤー、1色ずつ取って山札にする。

戦闘カードは赤色のモンスターカードが12枚、青色の魔術師カードが8枚で構成されている。

カード上部の数字は強さを表し、下部には特殊効果が書かれている。

準備

各プレイヤー、4つの魔石を受け取る。透明の魔石が1点×3個、グリーンの魔石が2点×1個

各ラウンド、山札から10枚戦闘カードを引き、その内の5枚を手札にする。残りのカードは山札に戻してシャッフルする。

4ラウンド目は残った5枚のカードで勝負する。

各ラウンド、最初に先行プレイヤーから賭ける魔石を選ぶ。

魔石は勝負に勝つことで得点化できる。また、もし完勝(後述)すると、相手の魔石も自分のものとして得点化できる。

ターンについて

先行プレイヤーが場にカードを1枚出し、任意で効果を発動させる。

後攻プレイヤーも同様にカードを出した後、2枚のカードの強さを比較し、勝った方はカードをそのまま縦向きに、負けた方はカードを横向きにする。引き分けの場合はお互いに横向きにする。

次のターンは、前のターンの勝者からカードを出す。

ターンの例

先行(手前)がゴブリンを出した後、後攻(奥)がダークエルフを出した。

ゴブリンは先行の場合強さが「2」になるので、先行プレイヤーが勝利する。

次に、先行(手前)がグリフォンを出した後、後攻(奥)がユニコーンを出した。

ユニコーンはダークエルフの隣だと強さが「3」になるため、この勝負は引き分けになり、両方ともカードを横向きにする。先行・後攻もそのままになる。

ラウンドの勝敗

ラウンドの途中で3ターン分勝利した場合、そのプレイヤーの勝利となり、残りのターンはプレイしない。残ったカードは裏向きのまま捨てる。

5ターン目まで勝負が継続した場合、より多くのターンで勝利しているプレイヤーが勝利する。

同じ場合は、魔術師プレイヤーの枚数が少ないプレイヤーが勝利する。

それも同じ場合は引き分けになる。

ラウンドの勝者は賭けた魔石を得点化する。もし3ターン分勝利した場合、完勝ボーナスとして、相手の魔石も得点化できる

ゲームの終了

4ラウンドの後、得点化した魔石が多いプレイヤーが勝利する。

感想

ボードゲームを始めた最初期にプレイしたこともあって、とても印象に残っているゲーム。

ルールも効果もわかりやすく、初心者にも楽しめる。

ターンを勝たなければラウンドに勝利できないが、基本的には相手のカードを見ながら出せる後攻の方が有利。

そのバランスと駆け引きが面白い。

今は新版が出ていて、公開されているルールを確認したところ、拡張カードが加わってゲーム性がより豊かになっているよう。

ただ、絵柄が一新され、カードの視認性は低下している。絵柄も好みの分かれるところ。

個人的には、ここで紹介した旧版のスタイリッシュなシルエットが気に入っているが、拡張カードも気になりますね。

スポンサーリンク