【レビュー】トウキョウのハト エサバ・バトル*ボスハトを囲め!

エサババトル

概要

運要素のない、2人用のボードゲーム。ダイソーの100円シリーズの一つ。

お互い、6枚のハトタイルを持ったら、それを場に置くか、置いたタイルを動かすか、手札に戻す。

場は4×4マスで、相手のボスハトの4方を囲むことができたら勝利。

ルール

ハトは以下の6種類。それぞれ移動できる距離や方向が異なる。

手番では、「ハトを出す」「ハトを移動する」「ハトを戻す」が出来る。

ハトを出す:自分のハトと辺や角が接するように置く。相手のボスハトと辺が接するようには置けない。

ハトを移動する:移動後にいずれかのハトと辺や角が接していないとダメ。

ハトを戻す:自分のハトを手札に戻す。その動きによって孤立するハトが出てはダメ。

交互に手番を繰り返して、相手のボスハトの4辺がハトや壁に囲まれたら勝利する。

下の写真では、赤のボスハトは3辺をハトに、1辺を壁に囲まれているため敗北する。

感想

手札は公開と非公開が選べるが、非公開にしても数える時間が無駄になるだけなので、公開の方が良いと思う。

完全なアブストラクトゲーム。ハトを動かすことで壁が迫ってくる感覚が面白い。

ハトはバットハトと桂馬ハトが特徴的な動きをするので、この2羽をどう使うかが鍵になる。

ダイソー100円シリーズの中では、とてもオススメの1作。

もちろん、運要素がないので、実力差が強く出るゲームだが、絵とテーマが可愛いので、そこまでガチ感は感じずに遊べる。

涼夏と千紗都と『トウキョウのハト エサバ・バトル』

プレイログがあります!

スポンサーリンク