【レビュー】ビーンストーク*宇宙から入港する商品を集めよう!

ビーンストーク

概要

舞台は赤道直下の島。宇宙に届く軌道エレベータが建設され、宇宙から次々と商品が入港する。

その商品を最もたくさん集めた人の勝ち。ただし、商品は4種類(4色)あり、4色セットで揃えて1点。バランスよく商品を集める必要がある。

ルール

ゲームが終了するまで、プレイヤーは順に手番を行う。ゲームは以下の3つの条件で終了する。

①商品タイルの山が1枚以下になる。

②エレベータエリアの中央の列の一番上のマスに商品タイルが置かれている。

③建物タイルの山が尽きた。

プレイヤーは手番で「入港フェイズ」「獲得フェイズ」「建設フェイズ」を行う。

入港フェイズ

商品タイルの山を2枚めくって、エレベータエリアに配置する。

同じ色のタイルが4つ以上連なったら、下の倉庫エリアに移す。空いたマスは詰められ、連鎖することもある。

獲得フェイズ

手番プレイヤーから順に、建物の効果を使って倉庫の商品を獲得する。

建設フェイズ

集めた商品を使って、建物タイルを1つ購入することができる。

得点計算

ゲームの終了条件を満たしたら、持っている商品タイルを公開し、4色のタイル1セットで1点になる。

感想

コンポーネントもしっかりしているし、建物の効果もバランスが良い。

いつまで建物を集め、また手放すか。どの商品を倉庫に移すか、また移さないよう動くか。

シンプルだが考えどころは多く、面白い。

ただ、3人で2回プレイして、1回目は3点、3点、2点、2回目は4点、4点、4点。

30分以上遊んで、こんなに点数が低いゲームは初めてである。

また、点数が同じだったら勝利を分かち合うのだが、ご覧の通りなので大体点数が同じになる。仲間から「分かち合うのが早い」という名言が飛び出した。

バランスが良すぎて、みんな同じになる。そんな印象。

スポンサーリンク