【レビュー】テレストレーション*イラストで伝えていこう!

テレストレーション

概要

イラスト系のパーティーゲーム。

お題カードに書かれたものを、時間内にホワイトボードに描いて次の人に回す。

受け取った人はそれが何かを次のフリップに文字で書いて、次の人に回す。

グルッと1周回して、お題と合っていればミッション達成。

ルール

お題の数は実に1,600個。第二版ではそれらのお題がすべて刷新されている。また、自分でお題を考えることもできる。

全員ホワイトボードを持ったら、ダイスを振ってお題を決定する。

お題のイラストを書いたら、ホワイトボードを隣の人に回す。自分は反対側の人から絵が回ってくるので、その絵が何かを文字で書いて、また隣の人に回す。

これを一周回して、最後にお題と一致していたらスコアが入る。

感想

ルール上はスコアがあるが、スコアを気にしたことがないし、スコアを気にしてプレイしている人を見たことがない。

最初のお題からどんどん変わって行ったり、最後に戻ったりするのを楽しむパーティーゲーム。もちろん、最後までずっと伝わった時には達成感がある。

人数は多い方が楽しい。また、偶数人数の方がわかりやすいので、6人がベスト人数と思われる。

イラスト系は苦手という人もいるだろうが、上手に描くのが目的ではないので、楽しめるかどうかという意味では、絵が下手でもむしろ面白い。

もっとも、絵を描くのが苦痛という人もいるので、プレイする際はその点だけ気を付けたい。

スポンサーリンク