【レビュー】プロジェクトL*効率よくパネルを埋めよう!

プロジェクトL

概要

パネルにタイルをはめ込み、完成させていく。

パネルには得点とボーナスがあり、完成するとボーナスでピースがもらえる。

そのボーナスを使って、さらに複雑なパネルを完成させる。

スピード勝負ではなく、1手番3アクションで、効率よく完成させていく。

ルール

裏が白の簡単なパネルと、裏が黒の複雑なパネルをそれぞれ山にして、4枚ずつ表にして置く。

各プレイヤー、初期ピースとして、1マスのピースと、2マスのピースを持つ。

手番では以下の5つから、3アクション行える。

①パネルの獲得:公開されているパネルのいずれかを取る。4枚まで保有可能。取ったらすぐに場を補充する。

②1マスのピースの獲得:サプライから1マスのピースを受け取る。

③ピースのアップグレード:持っているピースを1マス多い他のピースに交換する。

④ピースを1つ配置する:パネルにピースを配置する。

⑤すべてのパネルにピースを1つずつ配置する:すべてのパネルにピースを1つずつ配置できる。

パネルがピースで埋まったら、そのパネルに使ったピースを手元に戻し、さらにパネルに書かれたボーナスを受け取る。また、パネルに書かれた点数を得る。

黒の山がなくなったら、全員手番が同じになるようにターンを行い、さらにもう1ターン行ってゲーム終了。

最後に、手持ちのピースを未完成のパネルに置くことができるが、1ピースごとに1点減点される。

得点が一番多い人が勝利する。

感想

こういうパズルゲームの中では、個人的には一番といっていい大ヒット。

ウボンゴのようにスピード勝負というゲームは、嫌いではないが得意ではなく、あまり積極的にやりたいと思わない。

その点このゲームは、手番制なので、自分のペースでパネルを埋めることができる

もちろん、だからと言って勝てるわけでもなく、初プレイは2回やって連敗。

選ぶパネル、完成したピースをどう使うか、いかに少ないピースで埋めるか。考えることは盛りだくさんだ。

オススメの作品です!

スポンサーリンク