【レビュー】モザイク*陶器のコマを積み上げよう!

モザイク

概要

2人用。7×7個の穴の間ボードに、プレイヤーは交互にコマをはめていく。

もし正方形の形で4つのコマが置かれた時、その内の3つか4つが同じ色の場合、そのプレイヤーはその上に自分のコマを自動的に置くことができる。

コマは一人35個持っており、先にコマがなくなった方の勝利。

ルール

2人のプレイヤーは、2色ある内の1色のコマを35個持つ。

中央にコマの埋め込まれた、7×7個の穴の開いたボードに、交互に自分の色のコマを置いていく。

もし4つの石が正方形の形に置かれた場合、その内の3つか4つが同じ色だったら、その色のプレイヤーがその上に自分の色のコマを、手番とは関係なく自動的に置くことができる

中央のコマはどちらのプレイヤーの色とも見なさない。

盤面はだんだん、ピラミッド状にコマが積み上げられていく。その過程で、自動的に上にコマが置かれたことにより、さらにその段で正方形になり、自動的にコマが置かれることもある。

連鎖を上手く利用し、いち早く自分のコマを置き切った方が勝利する

感想

まず何より、コンポーネントが美しい。写真ではわかりにくいが、コマは穴の上に置かれているのではなく、底に突起があり、はめ込めるようになっている。

プレイ感としては、連鎖が気持ち良い。

ただ、明らかに先手が有利。作者もそれは理解しているようで、「先手と後手を1回ずつプレイし、もし1勝1敗だったら、負けた時に手元に残ったコマの合計数が少ないプレイヤーが勝利する」というルールが書かれている。

事実、1勝1敗になったので、基本的には先手が勝利するゲームと考えてよいかもしれない。

スポンサーリンク