【レビュー】KATAS*5種類のチップを正しい箱に片付けよう!

概要

片付けをテーマにしたゲーム。5種類のチップを、対応する6種類のハコカードに格納していく。

場にはプレイヤー人数と同じだけのカードが並べられ、手番ではチップを1枚引いて、いずれかのカードに置くか、カードを1枚引き取る。

カードを引き取ったらそのラウンドの手番終了。最終的に6枚のカードと、その上に乗っているチップが獲得でき、その内容によって得点する。

ルール

これがカード。5種類のチップの色に応じた5種類のカードと、色が固定されていない灰色のカードがある。

カードの左上の数字は、このカードに置けるチップの最大枚数。

右上の勝利点は、例えば左の赤いカードなら、赤のチップが3枚乗っていたら3VP、真ん中の青のカードなら、青のチップが4枚乗っていたら5VPになる。

下はカードの効果で、アイコンの通り、1枚もしくは複数枚のカードから、1枚もしくは複数枚のチップを、1枚もしくは複数枚のカードに移動できる。

手番

場にはプレイヤー人数枚のカードが並べられ、手番ではチップを引いてカードの上に乗せるか、カードを1枚(チップごと)取る。

取ったカードはそのまま自分の前に置き、ラウンドを抜ける。

各カード、チップは3枚までしか置けない。

全員がカードを取ったらラウンド終了。1~5ラウンド目は、まだ使っていないカードの効果を1枚だけ使うことができる。

最終ラウンドでは、カードの効果を2枚使うことができる。

得点計算

正しいカードの上に乗っているチップは1枚1点。違うカードに乗っているチップは1枚-1点。

灰色のカードは色を指定できる。上の写真なら青に指定して、2点-1点=1点。

上の写真では、赤のカードと緑のカードは、左上の数値の数だけ、正しいチップが乗っているので、それぞれ3VP、5VPのボーナスがもらえる。(3+3+2-1+1-1+3+4+5+2-1=20点)

感想

ルールはいたってシンプル。

プレイ人数だけカードを並べて、その上に何かを置くかカードを取るか、あるいは、プレイ人数だけ列があって、そこにカードを置くか列を引き取るか、というゲームはいくつかやったが、このゲームはその中でもバランスが良いゲームだと思う。

カードの効果が重要。ゴミ箱(灰色のカード)、便利だけど、全部置き換える効果はあまり使うシーンがない。

同様に、入れ替える系の効果は、すべてのカードに正しいチップが乗っていると役に立たない。

かなり戦略的。爽快なゲームではないが、ボードゲームらしさを存分に味わえる。

涼夏と千紗都と『KATAS』

3人プレイでのプレイ記があります!

スポンサーリンク