【レビュー】GIRI GIRI*ダメージを回避して数字カードを出していこう!

GIRI GIRI

概要

ダイソーの100円ゲームの1つ。

数字の書かれたナンバーカードと、特殊な効果を持つアクションカードをシャッフルして一人4枚配り、順番に1枚ずつ共通の場に出していく。

合計数字が20の倍数を超えた人はダメージを受け、100になったらゲーム終了。

最もダメージが少ないプレイヤーが勝利する。

ルール

ナンバーカードは0、1、3、5、7の5種類。アクションカードはFIGHT、SWAP、REVERSE、TRICK、WILD 123、SPY、GIRI GIRIの7種類。

これらをシャッフルして一人4枚配り、残りは山札にする。

場にカードを出すと、合計数字が加算されていく。

カウンターシート上でマーカーを進め、20の倍数を超えたところでダメージを受ける。もし11の倍数で止まると、持っているダメージを他のプレイヤーに渡すことができる。

アクションカードは、例えばFIGHTなら、他のプレイヤーに戦いを挑んで勝てばダメージを渡すことができる。SWAPなら他のプレイヤーとカードを交換できる。

1枚プレイしたら1枚引く。(カードを出したプレイヤーだけではなく、全員が常に4枚になるようにする)

マーカーが100を超えたらゲーム終了。最もダメージの少ないプレイヤーが勝利する。

感想

面白かった。100円ゲームとは思えないクオリティー。

元々、金額とゲームの面白さは関係ない。コンポーネントは100円相応で、ダメージチップはもう少しなんとかしてほしかったが、そこは仕方ない。

ゲームをやる前は、20の倍数の前で停滞するかなと思ったが、TRICKで相手に踏ませるなどして、ゲームはしっかりと収束する。

GIRI GIRIだけ毛色が違うが、1枚しか入っていないし、パーティー要素が不要なら抜いても構わないだろう。

ただ、不意打ちのGIRI GIRIにも面白さがあるので、4~5人でわいわい遊んでみてほしい。

スポンサーリンク