【レビュー】ゴーストアウト*ゴーストを追い出そう!

2021年8月15日

ゴーストアウト

概要

2人用の対戦ゲーム。菱形に並べた16枚のエリアタイルからゴーストを追い出す。

先に自分のエリアからすべてのゴーストを追い出した方の勝ち。

とても好きなゲームなので、じっくりレビューします!

準備

16枚のエリアタイルは、文字の書かれたアジトが2枚、両方の色の入った共通エリアが2枚、互いの色の通常エリアが12枚あります。

それらを下の写真のように菱形に並べた後、一番手前以外の通常エリアにゴーストコマを3つずつ置きます。1つ余ったゴーストコマは、後手番の人のイケドリ(後述)として、手元に置きます。

I、II、Xのテンセイカードからそれぞれ1枚選んで、表向きに並べます。

テンセイカード

以下のような、ボーナス効果を持ったカードです。Iが2枚、IIが5枚、Xが5枚あり、これらの組み合わせによって毎回違った戦略とゲーム性が楽しめます。

カードの上に描かれたゴーストのマークは、効果を使うのに必要なイケドリしているゴースト数です。

カードの色とプレイヤー色は関係ありません。IとIIが青、Xが緑になっているだけです。

ルール

ゴーストを投げる

手番ではまず、ゴーストを投げます。自分の通常エリアまたはゴーストが2つ以上乗っている共通エリアのすべてのゴーストを手に取り、直線方向に1つずつ置いていきます。突き当りまで行ったら、好きな方向にさらに進みます。

イケドリ

もしゴーストを投げた後、ちょうど自分のアジトで終わった場合、最後に置いたゴーストをイケドリとして自分の前に置きます。途中で通過した場合は関係ありません。

青の手番で、下の写真の場合、最後の1つが青のアジトで終わっているので、この1つを自分の前に置きます。

テンセイ or ためる

イケドリした場合、公開されているテンセイカードを1枚使うか、イケドリしたゴーストをためておくことができます。

テンセイカードの効果でもう一度ゴーストを投げ、さらにイケドリに成功したら、連続で手番ができます。

ターンの終了

お互いのアジトに置かれたゴーストをゲームから除外します。

こうしてゲームを続け、先に自分のエリア(共通エリアは関係ありません)からすべてのゴーストがなくなったら勝ちです。

プレイ

ゲームを続けていたら、下の状態になりました。青の手番です。

まず5つ乗っている通常エリアのゴーストを投げ、イケドリに成功します。

その1つを使って、「もう1回投げる」という効果のゴブリンのテンセイカードを使います。

1つだけ乗っているゴーストをアジトに投げて、さらにイケドリに成功します。

この時点でイケドリしたゴーストが4つ、ゴーストの乗っている通常エリアは3つなので、以下の効果をもつゴブリンヒーローのテンセイカードを使います。

「ひとつのエリア上のゴーストをすべてとりのぞく(テンセイ時にゴーストを多く使ってもよい。超過1ゴーストにつき、対象を1エリア増やす)」

これにより、一気に3つのエリアのゴーストをとりのぞき、青の勝ちです。

感想

すごく面白い。ともすれば単調になりがちなゲームですが、テンセイカードの効果で戦略が変わり、毎回違った展開になります。

運要素が一切なく、完全に情報の公開されたゲームなので、かなり頭を使うゲームでもありますが、テーマや収束性から、そこまで重たい印象もありません。

あまり聞かないゲームですが、2人で遊ぶ機会が多い人は「買い」です!

スポンサーリンク