【レビュー】ダグエイトチェス*裏向きのコマでKingを狙え!

2022年5月11日

ダグエイトチェス

概要

5×5マスのボードに、両者同じセットの8枚のチェスのコマ(タイル)を置き、Kingの撃退を目指す二人用のゲーム。

チェスと違ってコマはすべて裏向きに置いて動かす。相手のコマは、そのコマの上に移動する以外に、それが何であるか宣言(コール)することでも撃退できる。

ルール

駒タイルは両者同じ内容で、King、Queen、Bishop、Rook、Knigh、Pawnが3枚の計8枚に、裏表が白黒になっているコールマーカーがある。

5×5マスのボードの手前2列に、駒タイルを裏向きに置いていく。

コールマーカーは黒の面が1枚、白の面が1枚になるように置く。

手番では、「移動」「コール」のいずれかを行う。

「移動」は自分の駒タイルを、移動できる場所に動かす(コマごとに移動ルールが異なる)。移動先に相手の駒タイルがあれば、表向きにしてゲームから取り除く。

「コール」は自分の色のコールマーカーを裏返した後、相手の裏向きの駒タイルを1つ指定し、それが何であるかを宣言する。Kingは宣言できない。

その後、その駒タイルを表向きにして、合っていればゲームから取り除く。

相手のKingもしくは、King以外のすべてのコマを撃退したら勝利する

※各コマの移動ルールは詳細には書かないが、Pawnは直進しかできないが、正面にある相手のコマは取れず、コマを取る時だけは斜め前にしか動けないので注意

感想

ルールはシンプルで、5~10分もあれば1ゲーム終わる。

最初はポカンとなったが、コールの使い方が重要で、倒すためというよりは、相手のコマを表向きにするために使う印象。

初手で相手の前列のコマを取ることができるので、どうしてもKingは後列に配置することになる。コールで後列の任意のコマを表にするのは有効な手段と思われる。

もっとも、自分がコールしなければ、相手はコールを一度しかできないので、正体のわかったタイルはコールで撃退するよりも、通常のチェスの戦略で撃退した方がいいのかもしれない。

そうなるともう、ただのチェスではないかという話になるし、実際にそもそものチェスの定石を知らないと普通に勝てない。

コールでKingを指定できない以上、最後は実力で勝つしかない。能力差は出るゲーム。

スポンサーリンク