【レビュー】テン(TEN)*足して10を作ろう!

2022年5月12日

テン(TEN)

概要

タイルを並べる2人用のゲーム。

「I」~「III」が描かれた正方形のタイルを各5枚ずつ、計15個持ったら、そこから1枚引いては場に1枚配置する。

縦、横、斜め、いずれかで「I」の数が丁度10になったら勝ち

もしすべてのタイルを置き切って、どちらも10にならなかったら、すでに置かれたタイルを移動させる第2ステージに突入する

ルール

各自、白か黒の「I」「II」「III」のタイルを各5枚ずつ、計15枚取ったら、手元で伏せる。

交互に1枚ずつ取って場に配置する。最初の1枚以外は、辺が接するように置く

縦、横、斜めのいずれかで「I」の数が丁度10になったら勝利する。

もし両者がすべてのタイルを置き切って、どちらも10が作れなかった場合、すでに置いてあるタイルを別の場所に移動してゲームを続ける

この時、4辺が取り囲まれているタイルは移動できない。また、他のタイルと分断されるように取ることもできない。

オープンタイルバージョン

公式のバリエーションとして、最初タイルを裏向きにするのではなく、ランダムに1列に並べ、表向きにする。

手番では、左右どちらかの端のタイルを置くことができる。

これにより、準備以降、運要素は一切なくなり、より戦略的なゲームが楽しめる。

感想

ルールを読んで想像できるプレイ感。

注意深くゲームをすれば、第1ステージの間にゲームが決まることはまずないと思うので、第2ステージからが本番か。

能力差がそんなにないプレイヤー同士で勝負するなら、断然オープンタイルバージョンの方が面白い。

通常ルールでは、戦略的に勝てる状態を作っても、目的のタイルが来るかが完全に運になってしまい、タイルを計30枚置くまでが準備みたいな様相になる。

オセロのように確実に収束するゲームではないので、頭の良い人同士でやったら永遠に終わらない可能性もあるが、自分たちは頭が良くないので、程よく終了した。

スポンサーリンク