【レビュー】ごきぶりデュエル*心理を読んでごきぶりを引き寄せろ!

ごきぶりデュエル

どんなゲーム?

4×9マスのボード上の中央に4つのごきぶりコマを並べ、そのごきぶりを1匹でも自分に一番近いラインまで持って来られたら勝利する。

手番では「だまし屋」「予想屋」に分かれ、まず「だまし屋」が、3つの緑の○と1つの赤の×のタイルを裏向きに、自分に一番近い列に並べる。

それを「予想屋」が1つずつ表にする。

表にしたのが緑の○だったら、その列のごきぶりコマを1マス、自分に近付ける。

もし赤の×だったら、その列のごきぶりコマは動かず、まだめくっていない列のごきぶりコマが、「だまし屋」の方に1マス進む。

ごきぶりコマを1つでも自分の方に持って来られたら勝利する。

感想

まず驚いたのは、ごきぶりコマを押し付けるゲームではなく、引き寄せるゲームであるということ。

思わずルールを3回読み返したが、間違いなくそういうゲーム。

後は心理戦だが、後1手で終わる時に、その列に緑を置くか赤を置くか。

シンプルで面白いのだが、引き寄せることが目的であるならば、ゴキブリである必要はなかったように思う。

スポンサーリンク