【レビュー】シティブロックス*景観通りにブロックを積もう!

2022年5月12日

シティブロックス
シティブロックス

概要

各プレイヤー、ブロックを積むための建設地プレートと、ブロックを積む形を示した景観カードを持ったらゲームスタート。

スタートプレイヤーはプレイヤーの人数分だけ異なる建設ブロックを用意し、それを各プレイヤーが1つずつ取ってプレートの上に積んでいく。

3枚の景観カードを作り終えたプレイヤーが勝利する。

ルール

建築ブロックは計6種類。景観カードは緑、黄色、茶色の3色あり、これらをランダムに1枚ずつ、各プレイヤーに配る。

スタートプレイヤーは建築ブロックの山から、プレイヤーの人数分(ただし2人プレイの場合は4個)、異なる種類のブロックを用意し、順に1つずつ取って、建設地プレートに配置する。

必要ないブロックしか残っていなかった場合、廃材としてキープし、廃材が2つになると、好きなブロックと交換できる。

完成したと思ったら、景観カードを重ね、過不足なく完成していたらOK。失敗していたら、ペナルティーとして、建設プレートから1つブロックを山に戻す。その後、ブロックを好きなように配置し直すことができる。

完成したらイベントカードを1枚引いて、効果を解決する。(他のプレイヤーの邪魔をしたり、自分のプレートにブロックを置くなどの効果がある)

最初に3つの景観カードすべてを完成させたプレイヤーが勝利する。

ゲームのレベル

プレイヤーの年齢などに応じて、ゲームのレベルを選択できる。

例えばレベル2だと、下の写真のように、ブロックを必ずどこか浮かせた状態で2階層以上積み、上から見て景観カードと一致するようにする。

感想

基本的には、低学年向けのゲーム。

ルールにも「お子様のためのお助けルール」があったり、ゲームのレベルもそれぞれ「○歳向け」の記載がある。

大人がやると、景観カードとブロックの配置を間違えることはまずない。毎回ブロックの目を数えるのは、子供の教育にはいいかもしれないが、プレイ感として面白いものではない。

また、景観カードの有利・不利が大きい。上の「ゲームのレベル」で掲載した茶色の景観カードなど、6マスと8マスのブロックを物理的に置くことができず、容易に邪魔されて廃材行きとなる。

子供とプレイすることが多い人向け。

スポンサーリンク