【レビュー】キャッチ・ザ・ムーン*月まで届くはしごをかけよう!

キャッチ・ザ・ムーン

概要

はしごを組んでいくバランスゲーム。

ダイスを振って、その条件に合うようにはしごを置き、もし崩してしまったら涙トークンを受け取る。

涙トークンがなくなるか、はしごがすべてなくなったら終了。

ルール

土台の上にはしごを2本差したらゲームスタート。

プレイヤーはまずダイスを振る。ダイスは出目によって、「A.1つのはしごにだけ触れるように置く」「B.2つの梯子に振れるように置く」「C.置いたはしごが一番高くなるようにする(1つか2つのはしごに触れるように置く)」の3つがある。

片手ではしごを置き、成功すればそのまま次の人へ、もし崩れたり、条件を満たせなかったら、涙トークンを1つ受け取る。

涙トークンがなくなるか、はしごがなくなったらゲーム終了。

受け取った涙トークンが少ない人が勝ち。同点なら、まだはしごが残っていたら、常に「C」の条件でサドンデスを行う。

感想

ルールはとても簡単だが、なかなか難しい。自分が不器用なだけかもしれないが、3人でやって全員苦戦していたので、難易度は高めと思われる。

インターネットで検索すると、とても綺麗に、高く積まれた写真を見るので、やはり自分たちが下手だったのか、もしくはあまり厳密にやらない方が楽しめるのかもしれない。

重ゲーの合間にさらっとやるにはオススメ。あまりじっくり延々とやるゲームではないかな。

スポンサーリンク