【レビュー】カルカソンヌ*タイル配置の金字塔!

概要

タイルを1枚引いて、全員共通の場に配置していく。

タイルには草原の上に道、都市、修道院が描かれており、配置と同時に自分の色のミープルを置くことができる。

道や都市、修道院は完成すると、その時点で勝利点が加算され、ミープルが手元に帰ってくる。

草原に置くと、ゲーム終了まで帰ってこない。

タイルをすべて配置し終えたらゲーム終了。最後に草原や未完成の道などから勝利点を得て、最も勝利点の多いプレイヤーが勝利する。

ルール

一人ミープルを7つ持ったら、タイルの山から1枚引いて、それを配置する。

タイルは道や都市、草原が繋がるように置かなくてはならない。

タイルを置いた際、今置いたタイル上の、道の上、都市の中、修道院の上、草原の上にミープルを置くことができる。草原には寝かせて置き、このミープルはゲーム終了まで戻ってこない。

配置する際、すでに他のミープルが置いてある道や都市、草原には置くことができない。(後から繋がるのはOKで、むしろ後から繋げてマジョリティーを競い合うゲーム)

道は完成するとタイルの枚数×1点、都市は完成するとタイルの枚数×2点、修道院は周囲8マスがタイルに囲まれると完成して9点入り、ミープルが戻ってくる。

タイルがすべて配置されるとゲームが終了し、未完成の道、未完成の都市、修道院に関するタイルの数×1点が入る。また、草原のミープルは、その草原の中にある、完成した都市1つにつき3点。

A:完成した都市。ミープルは回収され、3枚×2点+紋章の数×2点=8点。

B:未完成の都市。丁度「B]の文字のあるタイルが後から置かれたことにより、1つの都市に2つのミープルが入っている。このまま終われば両方が得点し、数が異なればより多いプレイヤーが得点する。

C:修道院。残り5枚タイルを置くことができれば9点もらえる。先は長い。

D:完成した道。ミープルは回収され、2枚×1点=2点。

E:未完成の道。3枚繋がっているので、3点は約束されている。

F:草原。Aの都市が完成しているので、現状3点。奥(写真上部)に完成した都市が2つあるので、草原が繋がればさらに6点入る。

感想

数年ぶりにプレイしたが、やはり面白い。

元々は所有していて、タイル配置ゲームをあまりやらなくなったので手放したのだが、ルールが簡単でそれなりに重たいプレイ感があり、ボードゲームをしている感じもして良いゲーム。

ただ、どうしても運要素は否めない。もちろん、それもまた楽しいポイントであり、初心者でも上級者に勝てる要素であるのは間違いない。

草原のルールだけが少し難しいが、他のルールと比べればという程度である。(厳密には、ルールが難しいというより、視認性(どこが繋がっているか)がわかりにくいと言った方がいいかもしれない)

慣れてくると、相手の邪魔になる配置や、後からくっつける作戦、タイルのカウンティングなどもでき、初心者から上級者まで楽しめる。

万人にオススメできる一作!

スポンサーリンク