【レビュー】キャリコ*タイルを並べて猫を呼ぼう!

2022年5月11日

キャリコ
キャリコ

概要

個人ボードに、手札の2枚のタイルの内1枚を置いて、手札を補充する。

タイルの種類は6色×6模様で、各3枚ずつの計108枚。

置いたタイルの配置によって、ボード上に猫が置かれたり、その色のチップを受け取ったり、目標に応じて得点になる。

ルール

最初に猫のボーナスを決める。指定の柄のタイルが、猫に書かれている数字だけ繋がると、その猫が個人ボード上に置かれる。猫の左上に書かれているのは得点。当然だが、難しいほど高得点。

次に個人目標。これも全プレイヤー共通で、3種類を個人ボードに配置する。その目標タイルの周りの6枚に対して2種類の目標があり、片方の達成で水色の得点、両方の達成で黄色の得点が入る。

他には、色に対応するチップがあり、これはそれぞれの色のタイルが3枚繋がると獲得できる。全色揃えるとボーナスがもらえる。

手札は2枚で、1枚配置したら、場にある3枚のタイルから1枚を取る。

その後、袋から場のタイルを補充する。

ボードが埋まったらゲーム終了。目標タイル、猫、色のボーナスの得点を計算する。

感想

やること自体は本当にシンプルで、テーマもライトで絵柄も可愛く、初心者向けのゲームっぽいのだが、タイルの配置にはかなり頭を使う。

もちろん、最善手を考えなければ長考もせず、気楽にプレイすることもできる。(ただ、それだと勝てない)

後は、タイルの引き運がかなり強いゲームなので、最善手を必死で考えたところで、割とどうにもならないのも確か。

相手が欲しいものを邪魔することまで考え始めると、事態はより複雑になる。インタラクションは強めだが、せっかく邪魔した色や模様のタイルが、すぐに袋から出てくるかもしれない。

得点計算が複雑な分、勝ちたい気持ちが芽生えるゲームだが、戦略だけで勝てるゲームではないので、全体的にもどかしく感じた。

恐らく、もっとライトに遊ぶゲーム。

スポンサーリンク