【レビュー】妖祓し*カードを揃えて妖怪を祓おう!

2021年6月8日

妖祓し

概要

妖怪の描かれたカードを手札に持ち、隣の人から1枚引いて、揃ったら場に捨てる。その際、カードの効果を使うことができる。

手札を最初に0枚にできたら1点。2点先取で勝利する。

ルール

妖怪は山姥、青坊主、輪入道、妖狐の4種類、各5枚ずつ。3人の場合は各4枚の計16枚、4人の場合はすべて使用する。

一人5枚ずつ配る。3人の場合、1枚余ったカードは見ずに除ける。配られたカードは順番を変えてはいけない

手番では、両隣どちらかのプレイヤーのカードを引く。左の人から引いたり左端に、右の人から引いたら右端にカードを入れる。

この時、カードが2枚以上揃ったら場に出せる。場に出した時、妖狐は3枚以上、他の妖怪は2枚以上出したら効果を発動できる。(つまり、場に出すことと効果の発動は別で、妖狐を2枚でも出せる)

最初に手札がなくなったら1点になり、2点先取で勝利する。

レビュー

無言になるゲーム。

自分の取られたカードがどこに入り、今どこにあるかをすべて記憶して、戦略的にカードをなくすことが意図されたデザインと思われる。

残念ながら、2枚くらい、しかも3手番くらい覚えるのが自分の頭の限界だった。

自分にはあまりにも難しい。カードの雰囲気は抜群にいいし、賢い人には是非挑戦してほしい作品です。

スポンサーリンク